榛原総合病院看護部ロゴ

MENU

部署紹介

Department introduction

部署紹介

看護師の声

北3病棟看護師 大槻 杏

北3病棟看護師

多職種で連携することが重要
お名前
大槻 杏
出身地
静岡県
出身校
静岡医療センター附属静岡看護学校
キャリア
3年

私は結婚を機に、以前働いていた職場を退職しました。そして、出産を経て2年のブランクがありました。育児も落ち着き、再就職を考えていた時に、小児科外来のスタッフさんに声を掛けていただいたのがきっかけで、当院に就職することになりました。

経験が浅い上に、ブランクもあったため、看護師の道を諦めていた時期もありました。しかし、看護師になることは、私の幼少期からの夢であったため、当院で看護師を続けられていることを本当に嬉しく思います。
育児をしながらフルタイムで働くことは、本当に大変です。しかし、北3病棟はママさん看護師も多く、子育てと仕事を両立した働き方を、一緒に考えてくださったり、勤務調整をして頂いたりとても働きやすい職場です。

北3病棟は、患者様とご家族の目標に沿ってリハビリが行えるように、多職種で連携していくことが重要だと考えています。私はまだまだ知識も経験も浅く、先輩方に助けていただく場面が多いですが、対象者と多職種の橋渡し役となれるように、日々勉強し、学んだことを患者様に還元できるようになりたいです。

業務風景

師長・責任者の紹介

看護主任

北3病棟 看護主任

信頼・期待される看護を行っていきたい
お名前
黒木真紀
担当科
回復期リハビリテーション科

回復期リハビリテーション病棟は、患者さんの社会復帰を目的として、リハビリを行いながら、日常生活動作と生活の質の向上を目指している病棟です。

患者さんの生活背景や退院後の生活を見据えながら、その患者さんに合わせたリハビリを行い、患者さんの目標を達成するように、医師・看護師・看護補助者・理学療法士・作業療法士・言語療法士・ソーシャルワーカー・栄養士・薬剤師と医療スタッフみんなで連携をとり、1日でも早く患者さんが日常生活動作の自立と社会復帰ができるように支援しています。

現在は、運動器疾患(大腿骨頚部骨折後や腰椎圧迫骨折後)など以外にも、脳血管疾患後の患者さんも数多く受け入れるようなっています。日々看護をさせていただく中で、患者さんの頑張り、リハビリ後の変化を一緒に見させていただくことで、患者さんから元気と感動を与えていただき、看護の励みになっています。

私達は、患者さん一人ひとりを大切に、寄り添い、訴えに耳を傾け、患者さんの目標や退院後の生活について一緒に考え、個別性を大切にした看護を目指しています。
これからも、患者さんのため、地域の方々に信頼・期待される看護を行っていきたいと思っています。